スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人犯の96%が野放し状態 ホンジュラス

資料:El Herald 2014年11月24日
http://www.elheraldo.hn/pais/770820-214/homicidios-en-honduras-impunes-en-un-96

201411291125129d6.jpg
写真:El Herald.

国内で起こった殺人事件の96%が刑罰を受けていないことが、昨日"平和と正義を求める連合"(略称APJ)の発表で明らかになった。犯罪捜査が不十分であることが起因している

この団体が作成した報告書では、2010年から2013年の過去4年間のデータの分析がされている。それによると、27,272件の殺人事件のうち、刑罰を受けたケースは僅かに1,009件だった。つまり、残りの96%の殺人に関与した人物たちは罰せられなかったということになる。


20141129112514aeb.jpg
写真:El Herald

殺人事件検察官の肩書を持つ弁護士のイリス・フォンセカに話を聞いた。
弁護士は「この数字は事実」であることをを認めると同時に「ホンジュラスの事件捜査にダメージを与えている、嘆かわしい状況」だと言った。

殺人事件が多いホンジュラスでは男性の平均寿命は30歳。過去4年間で殺された人のうち、22,832人が44歳以下だった。

APJの独自調査では裁判に時間がかかりすぎるという結果が出た。
国の事件捜査本部(略称:DNIC)と公共庁による捜査は半年で終わるのに対して、起訴と裁判所出頭を経て、公判までに15カ月かかるのだ。結局、刑の執行まで21カ月も要する。

ホンジュラスでは殺人事件一件につき200人の捜査官が動員される。捜査官一人当たり35件を受け持つ計算だ。つまり、過去4年間では一人の捜査官が140件の捜査に携わったことになる。
この状況を踏まえて、APJはDNICと刑事事件技術捜査官(略称:ATIC)の捜査官の増強を要求。司法当局に対しては迅速な裁判プロセスも求めている。

前出のフォンセカ弁護士の話によれば、2014年に入って今日現在まで首都のテグシガルパで発生した殺人事件は820件(うち118人が女性被害者、残りは男性)だった。
サン・ペドロ・スラでは1,543件発生しており、そのうち1,364人が男性被害者だった。

「今年は129件がすでに起訴されています。そのうち70件が有罪判決で、14件は有罪が確定しています」と説明。効率性の良い証拠資料収集と公共庁の動きが肝心だと主張した。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

PR

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Read Spanish News

Author:Read Spanish News
楽天ブログから引っ越してきました。10/13の記事は全て2011年に投稿したものです。
できるだけ日本語や英語で紹介されないような、マイナーな記事を選んでいます。たまに日本の記事をスペイン語に訳して紹介することもあるかもしれません。
Publico traducciones de artículos escritos en español seleccionando noticias difíciles de encontrar en japonés e inglés. Ocasionalmente es posible traducir artículos japoneses al idioma español.

Twitter @readspanishnews

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
訪問者アクセス数
PR
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
検索フォーム
PR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。