スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の願い「次のディズニー映画ではダウン症のお姫様を」 アメリカ

資料: RPP (ペルー) 2014年11月10日
http://www.rpp.com.pe/2014-11-10-madre-pide-a-disney-que-su-proxima-princesa-tenga-sindrome-de-down-noticia_741002.html
20141112033825f0a.jpg
写真:EFE ( RPPより)

201411120338200f0.jpg
写真: RPPより


ケストン・オット=ダールというカリフォルニアに住む女性が、ディズニーに対してインターネットでキャンペーンを始めた。
ケストンはダウン症の女の子、ディラニー(15ヶ月)のお母さん。ダウン症はもちろん、その他の障害を持つキャラクターを子供向けの映画で登場させて欲しい、と訴えている。すでに66,000人以上の署名を集めた。

彼女のキャンペーンは「ディズニーのアニメ映画でダウン症の子供達を登場させて」。
ダウン症を多くの人に広く認知してもらうことで、他の子供達から受け入れ易くしたいからだ。

ケストンのサイトには
「他の子供たちと同じように、娘もアニメが大好きなの。だからこそ、ディズニー映画に出てくるお姫様に憧れる娘を見るたびに私の胸は張り裂けそうになってしまいます。だって娘のようなキャラクターがいないんです。ダウン症の子達だって王子様やお姫様なのよ!」と書かれている。

ウォルト・ディズニーのショーン・バイリー社長に嘆願書を渡すつもりのケストン。署名の目標値は67,000人だが、今週月曜日には目標まであと少しに迫った。

「ディズニーは昔からいつも素晴らしい作品ばかりよ。映画を通して良い人になるための方法を子供達に教えてくれます。でも、障害を持つ登場人物が殆どいません。現実では子供は障害者を軽蔑することがとても多いのよ」

「だから障害のある主人公がディズニーの映画に出てきたら、とても素晴らしいことだと思います。『世の中には色々な人がいるんだ』という多様性や思いやりの気持ちが学べて、受け入れやすくなると思うのです」

ケストンとパートナーのアンドレアはレズビアンのカップル。自身のブログサイトDelaneySkye.comでダウン症の娘を育てる苦労話や体験談、写真などを紹介している。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

PR

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Read Spanish News

Author:Read Spanish News
楽天ブログから引っ越してきました。10/13の記事は全て2011年に投稿したものです。
できるだけ日本語や英語で紹介されないような、マイナーな記事を選んでいます。たまに日本の記事をスペイン語に訳して紹介することもあるかもしれません。
Publico traducciones de artículos escritos en español seleccionando noticias difíciles de encontrar en japonés e inglés. Ocasionalmente es posible traducir artículos japoneses al idioma español.

Twitter @readspanishnews

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
訪問者アクセス数
PR
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
検索フォーム
PR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。