スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト政変以来「アラブに変化が起こっている」という論調がスペインのエル・パイス紙(El Pais)で顕著な傾向として見られます。そのせいか、アラブ諸国に関する特集を組んでいて、色々な側面を取材した記事が満載です。今日はその中から「セックスショップ」という、女性としてはかなり珍しいビジネスを展開しているバーレーンの実業家のインタビュー記事をご紹介します。

 

(題)「私は大勢の夫婦を救ってきました」

 

(キャプション)ムスリム女性と聞いてベールを連想しますか? それはまだカディジャ・A・モハメッドのことを知らない人達です。カディジャはバーレーン人。彼女はペルシャ湾で唯一の--そして、アラブ世界で唯一とカディジャは断言しています-セックスショップを経営しています。インタビュアーとカディジャは夕飯を共にする約束でしたが、その前に彼女のファッション・ショップに案内してくれました。お店はイサ街という、首都のマナマから徒歩で15分ほどの場所にあります。「ベールは私の野望を抑え込むことができない」。彼女の服装と仕事のギャップについて質問したら、こんな答えが返ってきました。

 

Khadija_Mohammed.jpg

▲カディジャ・A・モハメッド

 

(本文)近隣諸国と比較すると、バーレーンはわりと自由な国です。とはいっても赤や黒の下着が並ぶショーウインドウは保守的な聖職者達の目には「けしからん」ものに映り、苦情を言われたこともありました。

彼女のお店には豊富な、というよりもあらゆるサイズと色、形を取り揃えたバイブレーター、精力剤、看護婦のコスチューム、ロープやカップルで使う玩具などが常備されています。言語は英語とアラビア語で表記されています。「私は大勢のカップルを救ってきたの」とカディジャはにっこりと微笑んで言いました。

「クリームやいろんなフレーバーの食べられるパンティーに囲まれているとタブリスに行きたくなるの」タブリスは、この界隈で人気のある魚料理のレストラン。大きい中庭のテラスで食事ができます。席についてペルシャ湾で取れた魚を2尾と車えびを12匹注文しました。

前菜で頼んだ野菜サラダはレタスとトマトとものすごく細かく刻んだきゅうりと人参です。サラダをつつきながら彼女は自分のビジネスについて話してくれました。「簡単じゃなかったのよ」。

彼女の話はこう続きます。「開店したのは2年以上前なんだけど、なにもかも問題だらけだったわ。Webマスターから当局。家族ともトラブルになってしまったわ」終いには税関関係のトラブルから24時間留置場で過ごす羽目にも遭いました。「税関の職員は大きい国から輸入しなければならない大人のおもちゃをどう扱ったらいいのかわからなかったのよ」と。

カディジャは昔話よりも将来の話を好みます。彼女は今33歳。最近離婚を経験しました。3人の息子の母親である彼女は、マナマの中心部に2号店をオープンしたばかりです。エジプトやアラブ首長国連邦、ヨルダンなどからも「支店を開きませんか?」とビジネスの引き合いもあります。「自分が成功しているって感じることは、とても気分がいいものよ」といったところで魚料理が運ばれてきました。

「ここではお盆から直接手でとって食べるのよ」と食べ方を説明してくれました。早速彼女の言われた通りに食べます。おいしい。

どうしてセックスショップを開くことを思いついたのか?

ことの発端は下着販売をしていた時のことです。。情報処理学を勉強したカディジャには、パジャマや下着のセット、ネグリジェの販売方法としてインターネットは完璧でした。それは、人前では慎み深く振舞う女性をターゲットにできると考えたからです。「ある時セクシー系のものが一番の売れ筋商品だと気がついたのよ。それで路線拡大してこのビジネスを始めたの」

思いついたら電光石火。まるで魔法の杖でも使ったのかと思うほど瞬く間にお店を開店してしまいました。そして、今日---。売り上げの80パーセントは"広告活動なし"です。お店には男性ばかりでなく、女性のお客さんもいます。ほとんどは既婚者ですが独身の人もいます。カディジャはこういいます。「私は人のことを『あの人はこういう人だ』などと判断する立場にはない」と。

国籍別では、人口の多いサウジアラビア人のお客さんが多いけれど、首長国連邦やクエートからのお客さんもやってきます。商品を見るだけの人、購入する人、アドバイスを求める人など、様々です。

「セックスの楽しみ方を知らない人が殆どよ。ただ・・・・」と、いいかけて「しまった! 口が滑りそうになった」という表情をしました。

「ポルノ映画を観て映画と同じようをしたがるのよ。でも、映画の中の凄いシーンの裏側にはトリックがあるんであって、うちのお店の商品を使うと似たような経験ができる、とお客さんに説明してるの」

カディジャとの会話に夢中になるうちにお茶がすっかり冷めてしまいました。私の「一番人気の商品はなに?」という質問に、ウエイターがあちらにいってしまうのを目で確かめてから彼女は小声で「アナル・イージー」と答えました。アナルへの挿入がスムーズなるクリームのことです。「この世界で一番好まれるのよ。もし奥さんが拒否しようものなら、男は別の人を探すわよ」

(敬称略)



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

PR

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Read Spanish News

Author:Read Spanish News
楽天ブログから引っ越してきました。10/13の記事は全て2011年に投稿したものです。
できるだけ日本語や英語で紹介されないような、マイナーな記事を選んでいます。たまに日本の記事をスペイン語に訳して紹介することもあるかもしれません。
Publico traducciones de artículos escritos en español seleccionando noticias difíciles de encontrar en japonés e inglés. Ocasionalmente es posible traducir artículos japoneses al idioma español.

Twitter @readspanishnews

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
訪問者アクセス数
PR
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
検索フォーム
PR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。